fc2ブログ

居酒屋べじた坊のべじログ 酒菜好 サケサイコー

日本酒のこと お店の案内 と 日日雑記 と

陸奥八仙 飲食店限定酒

飯米である青森県のまっしぐらを40%まで磨いた純米大吟醸酒を抜栓いたしました。
甘みの輪郭が徐々に広がっていきます。苦味のエッセンスもあります。
二口目以降はその品の良い甘みを充分に感じることができます。
どかーんとした重厚感はやや抑えられている味わいの贅沢な逸品です。
飲食店向けに出荷されたお酒ということで、酒販店さんの店頭には並んでいないお酒だそうです。
是非ご賞味ください^^



石垣
スポンサーサイト



  1. 2024/04/09(火) 06:22:56|
  2. 日本酒

和田龍登水 純米 生 美山錦

さっそく和田龍登水を試飲。
柔らかい淡い吞み心地です。ちっちゃな点のような甘みのエッセンスが感じられます(抜栓後の時間経過でさらにハッキリした旨みに繋がって行くのかもしれません)。
和田さんは酸のことをおっしゃっていましたが、確かに酸がバウンドになっているのだなあと後からわかりました。酸が強調されているわけでは全くありませんが、味わいが静かに(酸の影響で?)整っておるです。
ダイナミックでファーストインパクトある味わいとは違い、さらーっと柔らかい味わいを楽しめます。
ふと思いましたが、県内酒でこのような味わいのお酒って他にあったかな?
是非ご賞味ください!



石垣
  1. 2024/04/01(月) 14:25:56|
  2. 日本酒

まず一杯呑んでもらいたいお酒

今週の日本酒銘柄として(訊ねられたら)、十八盛の純米大吟醸生酒をおススメしちゃうと思います。
旨甘酸キレと全方位的に綺麗にまとまったお酒だと思いました。現在の日本酒の様ざまな味わいの方向性のありようからすれば、そこがある意味没個性的な最大の弱点でもあるのかも知れませんが、それにしても美味しいお酒に感じてもらえると思います。
銘柄名と地域性からドッシリ重たいお酒かと呑む前から勘違いしておりました。



石垣
  1. 2024/03/26(火) 13:40:30|
  2. 日本酒

夜明け前 “からくち” 普通酒 美山錦

先ほど春日さんへお邪魔しましたが、チョウ久しぶりに夜明け前の小野さんにお目にかかることができました。「明けましてオメデトウゴザイマス」とご挨拶。
当店でも取り扱っていて常蓮さんと美味しいよねーとザワザワ語り合う“からくち”という普通酒の話をしだしたら小野さんが「おッ!」という感じになり、本日納品されたその普通酒が今季一発目製造出荷の普通酒となり、しかも前年までは加水調整していたお酒が今季より原酒で15度台に留めた(一回火入れ)ということを語ってくれました。
早速入荷したてホヤホヤをいただいてまいりました。
試飲が楽しみです^^

高級酒から普通酒まで完璧な夜明け前を記念撮影。


石垣
  1. 2024/03/18(月) 14:21:53|
  2. 日本酒

十四代 中取り 無濾過

ラベルの表側に特定名称表記がなくなった十四代ですが、十四代のいちばん最初に世に出た“中取り純米”がレベルアップして純米吟醸になりラベルには“中取り 無濾過”のみの表記になりました(ラベル裏に純米吟醸酒表記はあります)。
以前のラベルと記念撮影しました^^
ちなみにこれまで純米吟醸酒だったお酒は純米大吟醸酒として(おそらく)“上諸白”になり、その上が以前からの純米大吟醸酒として“極上諸白”さらにその上が“大極上諸白”になるのだと思います。



石垣
  1. 2024/03/14(木) 14:35:58|
  2. 日本酒
次のページ